mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

CentOS 6.5 - サーバ監視ツール(munin)でCPU温度・電圧・ファン回転数測定!

[ サーバ構築 ] [ CentOS, Linux, munin ]

こんばんは。

前回は CentOS 6.5 サーバ上のサーバ監視ツール munin でハードディスク温度監視の設定を行いました。
今回はサーバ監視ツール munin で CPU 温度・電圧・ファン回転数監視の設定を行います。

0. 前提条件

  • CentOS 6.5(x86_64) を Minimal で最小インストールしている。
  • クライントマシンは Linux Mint 14(64bit) を想定。
  • 閲覧に使用する Web(HTTP) サーバは Nginx を想定。

1. lm_sensors インストール

ハードウェア状況を取得するのに必要な lm_sensors をインストールして、ハードウェアを検出する。

1
# yum -y install lm_sensors

2. lm_sensors でハードウェア検出

lm_sensors インストール後は、ハードを検出する。途中の質問は全てデフォルト応答でよい。
(当然ながら、仮想マシンの場合は正常にハードが検出されないのでご注意を!)

1
# sensors-detect

3. lm_sensors 動作確認

実際にハードウェアの状況が取得できるか確認してみる。(以下は運用中のマシンの例)
(当然ながら、仮想マシンの場合は正常にハードが検出されないのでご注意を!)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
# sensors
acpitz-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1:       +31.0°C  (crit = +60.0°C)

it8712-isa-0290
Adapter: ISA adapter
in0:         +0.98 V  (min =  +0.00 V, max =  +0.00 V)   ALARM
in1:         +1.04 V  (min =  +0.51 V, max =  +0.03 V)   ALARM
in2:         +3.30 V  (min =  +0.26 V, max =  +0.00 V)   ALARM
in3:         +3.06 V  (min =  +0.00 V, max =  +0.13 V)   ALARM
in4:         +3.04 V  (min =  +0.00 V, max =  +0.13 V)   ALARM
in5:         +2.24 V  (min =  +0.00 V, max =  +0.00 V)   ALARM
in6:         +1.78 V  (min =  +0.00 V, max =  +0.00 V)   ALARM
in7:         +3.06 V  (min =  +0.00 V, max =  +0.00 V)   ALARM
Vbat:        +3.20 V
fan1:          0 RPM  (min = 10546 RPM, div = 8)
fan2:          0 RPM  (min = 2636 RPM, div = 8)
fan3:          0 RPM  (min = 5273 RPM, div = 8)
temp1:       +31.0°C  (low  = +36.0°C, high =  +0.0°C)  ALARM  sensor = thermistor
temp2:       +33.0°C  (low  =  +2.0°C, high =  +0.0°C)  sensor = thermistor
temp3:       +39.0°C  (low  =  +0.0°C, high =  +0.0°C)  sensor = thermistor
cpu0_vid:   +1.196 V

2. シンボリックリンク作成

1
2
3
# ln -s /usr/share/munin/plugins/sensors_ /etc/munin/plugins/sensors_volt
# ln -s /usr/share/munin/plugins/sensors_ /etc/munin/plugins/sensors_temp
# ln -s /usr/share/munin/plugins/sensors_ /etc/munin/plugins/sensors_fan

3. munin-node 設定ファイル編集

/etc/munin/plugin-conf.d/munin-node
1
2
 [sensors_*]  # <= 追加
 user root    # <= 追加

4. munin-node 再起動

1
2
3
# /etc/rc.d/init.d/munin-node restart
Stopping Munin Node agents:                                [  OK  ]
Starting Munin Node:                                       [  OK  ]

5. 動作確認

5分ほど待ってブラウザから http://<サーバ名orIPアドレス>/munin にアクセスして、"sensor" に各種追加されていることを確認する。
当然ながら、マシンが仮想マシンなら値は取得できないので、ご注意を!

以下は、実運用中サーバでの例。

CENTOS_6-5_MUNIN_CPU


次回は、サーバ監視ツール munin で MariaDB(MySQL) を監視する設定について紹介する予定です。

以上。

Comments