mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Debian 7 Wheezy - サービスの管理!

[ サーバ構築 ] [ Debian, Linux ]

こんばんは。

Debian GNU/Linux 7.1.0 サーバでのサービスを管理する方法についての記録です。

以前古いバージョンでの作業時に残していた記録を参考に作業を行い、今回更新した作業記録を貼付する形式の内容となっています。

0. 前提条件

  • Debian GNU/Linux 7.1.0(Wheezy) での作業を想定。
  • 最近は update-rc.d コマンドは非推奨となっていることを認識しておく。

1. sysv-rc-conf のインストール

CentOS 等の RedHat 系ディストリビューションのサービス管理ツール chkconfig にあたる sysv-rc-conf というツールを使用することができる。
インストールは以下のようにする。

1
# aptitude -y install sysv-rc-conf

2. sysv-rc-conf でサービス一覧表示

sysv-rc-conf でサービスの一覧を表示するには以下のようにする。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
# sysv-rc-conf --list
acpid        2:on       3:on    4:on    5:on
bootlogs     1:on       2:on    3:on    4:on    5:on
console-setu S:on
cron         2:on       3:on    4:on    5:on
halt         0:off
         :
====< 途中省略 >====
         :
umountfs     0:off      6:off
umountroot   0:off      6:off
urandom      0:off      6:off   S:on
virtualbox-g 0:off      1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
x11-common   S:on

3. sysv-rc-conf でのサービス自動起動設定

sysv-rc-conf でサービスの自動起動を有効化・無効化するには以下のようにする。

1
2
3
# sysv-rc-conf acpid off  # <= acpid の自動起動無効化

# sysv-rc-conf acpid on   # <= acpid の自動起動有効化

4. 一覧形式での自動起動設定

sysv-rc-conf をオプション無しで実行すると以下のような画面になる。
- でサービス停止、=, + でサービス開始、スペースでランレベル別に ON/OFF できる。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
┌ SysV Runlevel Config   -: stop service  =/+: start service  h: help  q: quit ────────────┐
│                                                                                          │
│ service      1       2       3       4       5       0       6       S                   │
│ ----------------------------------------------------------------------------             │
│ acpid       [ ]     [X]     [X]     [X]     [X]     [ ]     [ ]     [ ]                  │
│ bootlogs    [X]     [X]     [X]     [X]     [X]     [ ]     [ ]     [ ]                  │
│ console-s$  [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [X]                  │
│ cron        [ ]     [X]     [X]     [X]     [X]     [ ]     [ ]     [ ]                  │
│ halt        [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]                  │
│ kbd         [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [X]                  │
│ keyboard-$  [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [X]                  │
│ killprocs   [X]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]                  │
│ kmod        [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [X]                  │
│ lvm2        [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [X]                  │
│ motd        [X]     [X]     [X]     [X]     [X]     [ ]     [ ]     [ ]                  │
│                                                                                          │
└──────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┘
┌──────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┐
│ Use the arrow keys or mouse to move around.      ^n: next pg     ^p: prev pg             │
│                        space: toggle service on / off                                    │
└──────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┘

5. insserv コマンドの利用

sysv-rc-conf をインストールして使用しなくても、insserv コマンドを使用することも可能である。

以下のコマンドでサービスの一覧(終了・起動時のランレベル等)を表示する。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
# insserv -s  # <= もしくは --showall オプション
K:01:0 6:urandom
K:06:0 6:umountfs
K:04:0 6:hwclock.sh
K:04:0 6:umountnfs.sh
K:05:0 6:networking
         :
====< 途中省略 >====
         :
S:07:S:kmod
S:08:S:checkfs.sh
S:07:S:checkroot-bootclean.sh
S:11:S:udev-mtab
S:05:S:lvm2

サービスの自動起動を無効化するには以下のようにする。

1
# insserv -r hoge

サービスの自動起動を有効化するには以下のようにする。

1
# insserv -d hoge

以上。

Comments