mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Vim - Vundle インストール!

[ pc_tips ] [ Linux, Vim ]

こんばんは。

高機能テキストエディタ Vim には、多数のプラグインが存在しますが、インストール方法がいくつかあリ混在すると管理が煩雑になってしまいます。

今回は、Vim プラグインを管理するプラグインについてです。

Vim プラグインを管理するプラグインには Vundle, NeoBundle, pathogen 等色々存在しますが、今回は Vundle をインストールしてみました。

以下、作業記録です。

0. 前提条件

  • Linux Mint 14 (64bit) での作業を想定。
  • 作業を行う Vim は 7.3.547
  • git が使用できるよう環境である。

1. Vundle インストール

以下のように、git clone でインストールする。

1
$ git clone https://github.com/gmarik/vundle.git ~/.vim/bundle/vundle

2. 設定ファイル編集

Vim 設定ファイル .vimrc を以下のように編集する。
以下の例では、"tpope/vim-fugitive" という Git を管理する GitHub 上に置いてあるリポジトリをインストールするように設定している。

~/.vimrc
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
" Vi との互換性を取らない(Vim の独自拡張機能を使う為)
set nocompatible
" ファイル形式の検出を無効化
filetype off

" Vundle 自身も Vundle で管理
set rtp+=~/.vim/bundle/vundle/
call vundle#rc()
Bundle 'gmarik/vundle'

" GitHub リポジトリ
Bundle 'tpope/vim-fugitive'

" GitHub vim-srcipts
"Bundle 'xxxx.vim'

" GitHub 以外のリポジトリ
"Bundle 'git://xxxx/xxxx/xxxx.git'

" ファイル形式検出、プラグイン、インデントを ON
filetype plugin indent on

3. Vim 再起動

設定有効化のために Vim を再起動する。

4. プラグインインストール

Vim コマンドモードで以下のように実行することで、".vimrc" に記載したプラグインがインストールされる。

1
:BundleInstall

Done! が表示されれば成功。

また、今後プラグインを追加する場合は、".vimrc" に Bundle 'hoge' のように追加後 :BundleInstall を行えばよい。

5. プラグインアップデート

Vim にインストールしているプラグインをアップデートするには以下のようにする。

1
:BundleInstall!

参考サイト


これで、Vim プラグインの管理が楽になりました。

以上。

Comments