mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Nginx - CentOS にインストール(ソースビルド)!

[ サーバ構築 ] [ CentOS, Nginx ]

こんばんは。

以前、軽量 Web サーバ Nginx をLinux Mint にソースをビルドしてインストールする手順について記録しました。

今日は、Nginx を CentOS(Redhat 系ディストリビューション) にソースをビルドしてインストールする方法についてです。
GNU(Debian) 系ディストリビューションとは若干異なる部分があるため、別途記録しておいた次第です。

0 前提条件

  • CentOS 6.3 (32bit) での作業を想定。
  • インストール先は /usr/local とした。

1. 必要パッケージインストール

Nginx のビルドに以下のパッケージが必要なので、未インストールならインストールしておく。

1
$ sudo yum install gcc pcre pcre-devel zlib zlib-devel openssl openssl-devel

2. アーカイブダウンロード

インストールに使用するアーカイブファイルをダインロードし、解凍する。
ダウンロード先はユーザルートとした。

1
2
$ wget http://nginx.org/download/nginx-1.2.6.tar.gz
$ tar zxvf nginx-1.2.6.tar.gz

3. インストール

configure, make, make install でビルド・インストールする。
インストール先はデフォルトでは /usr/local/nginx となるが、今後のバージョンアップのことも考慮し、バージョン別にインストール先を指定しリンクを貼るようにした。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
$ cd nginx-1.2.6
$ ./configure --prefix=/usr/local/nginx-1.2.6 \
--user=nginx \
--group=nginx \
--pid-path=/var/run/nginx.pid \
--error-log-path=/var/log/nginx/error.log \
--http-log-path=/var/log/nginx/access.log \
--lock-path=/var/run/nginx.lock \
--with-http_ssl_module \
--with-http_realip_module
$ make
$ sudo make install
$ sudo ln -s /usr/local/nginx-1.2.6 /usr/local/nginx

configure オプションについて。

  • prefix
    … nginx をインストールするディレクトリを指定する。(デフォルト: /usr/local/nginx
  • with-http_ssl_module
    … HTTPS/SSL support(デフォルト:HTTPS は無効)
  • with-http_realip_module
    … For using nginx as backend

4. インストール確認

Nginx がインストールできたか確認してみる。
-V オプションで configure オプションも確認可能。-v でバージョンだけ確認可能。

1
2
3
4
5
$ /usr/local/nginx/sbin/nginx -V
nginx version: nginx/1.2.6
built by gcc 4.4.6 20120305 (Red Hat 4.4.6-4) (GCC)
TLS SNI support enabled
configure arguments: --prefix=/usr/local/nginx-1.2.6 --user=nginx --group=nginx --pid-path=/var/run/nginx.pid --error-log-path=/var/log/nginx/error.log --http-log-path=/var/log/nginx/access.log --lock-path=/var/run/nginx.lock --with-http_ssl_module --with-http_realip_module

5. 設定

今回のインストール環境の場合、基本的(グローバル)な設定のファイルは /usr/local/nginx/conf/nginx.conf となる。
取り急ぎ、デフォルトのままとした。

6. Nginx 起動スクリプト

/etc/init.d/nginx {start|stop|restart|reload} でサービスを起動できるよう /etc/init.d/nginx を作成する。
参考サイト の内容を一部修正)

/etc/init.d/nginx
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
#!/bin/sh
#
# nginx - this script starts and stops the nginx daemon
#
# chkconfig:   - 85 15
# description:  Nginx is an HTTP(S) server, HTTP(S) reverse \
#               proxy and IMAP/POP3 proxy server
# processname: nginx
# config:      /usr/local/nginx/conf/nginx.conf
# config:      /etc/sysconfig/nginx
# pidfile:     /var/run/nginx.pid

# Source function library.
. /etc/rc.d/init.d/functions

# Source networking configuration.
. /etc/sysconfig/network

# Check that networking is up.
[ "$NETWORKING" = "no" ] && exit 0

nginx="/usr/local/nginx/sbin/nginx"
prog=$(basename $nginx)

NGINX_CONF_FILE="/usr/local/nginx/conf/nginx.conf"

[ -f /etc/sysconfig/nginx ] && . /etc/sysconfig/nginx

lockfile=/var/lock/subsys/nginx

make_dirs() {
   # make required directories
   user=`$nginx -V 2>&1 | grep "configure arguments:" | sed 's/[^*]*--user=\([^ ]*\).*/\1/g' -`
   if [ -z "`grep $user /etc/passwd`" ]; then
       useradd -M -s /bin/nologin $user
   fi
   options=`$nginx -V 2>&1 | grep 'configure arguments:'`
   for opt in $options; do
       if [ `echo $opt | grep '.*-temp-path'` ]; then
           value=`echo $opt | cut -d "=" -f 2`
           if [ ! -d "$value" ]; then
               # echo "creating" $value
               mkdir -p $value && chown -R $user $value
           fi
       fi
   done
}

start() {
    [ -x $nginx ] || exit 5
    [ -f $NGINX_CONF_FILE ] || exit 6
    make_dirs
    echo -n $"Starting $prog: "
    daemon $nginx -c $NGINX_CONF_FILE
    retval=$?
    echo
    [ $retval -eq 0 ] && touch $lockfile
    return $retval
}

stop() {
    echo -n $"Stopping $prog: "
    killproc $prog -QUIT
    retval=$?
    echo
    [ $retval -eq 0 ] && rm -f $lockfile
    return $retval
}

restart() {
    configtest || return $?
    stop
    sleep 1
    start
}

reload() {
    configtest || return $?
    echo -n $"Reloading $prog: "
    killproc $nginx -HUP
    RETVAL=$?
    echo
}

force_reload() {
    restart
}

configtest() {
  $nginx -t -c $NGINX_CONF_FILE
}

rh_status() {
    status $prog
}

rh_status_q() {
    rh_status >/dev/null 2>&1
}

case "$1" in
    start)
        rh_status_q && exit 0
        $1
        ;;
    stop)
        rh_status_q || exit 0
        $1
        ;;
    restart|configtest)
        $1
        ;;
    reload)
        rh_status_q || exit 7
        $1
        ;;
    force-reload)
        force_reload
        ;;
    status)
        rh_status
        ;;
    condrestart|try-restart)
        rh_status_q || exit 0
            ;;
    *)
        echo $"Usage: $0 {start|stop|status|restart|condrestart|try-restart|reload|force-reload|configtest}"
        exit 2
esac

7. 実行権限付与

作成した /etc/init.d/nginx に実行権限を付与する。

1
$ sudo chmod +x /etc/init.d/nginx

8. サービス起動

サービスを使って Nginx を起動してみる。
(当然、Apache 等同じポートを使用する Web サーバが起動していれば、停止しておく)

1
2
$ sudo service nginx start
nginx を起動中:                                            [  OK  ]

もしくは、

1
2
$ sudo /etc/init.d/nginx start
nginx を起動中:                                            [  OK  ]

9. 起動確認

ブラウザで http://127.0.0.1/ にアクセスしてみる。
以下のような画面が表示されれば OK.

NGINX

10. 自動起動設定

マシン起動時に Nginx が自動起動するようにするには以下のようにする。

1
2
3
$ sudo chkconfig nginx on
$ chkconfig --list nginx
nginx           0:off 1:off 2:on  3:on  4:on  5:on  6:off

11. 参考サイト


これで、Redhat 系ディストリビューションでも、軽量 Web サーバ Nginx が使用できるようになりました。
後の設定は、Debian 系で行った方法で大丈夫であるので、当ブログ過去記事等をご参照ください。

以上。

Comments