mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Nginx - エラーログについて!

[ サーバ構築 ] [ LinuxMint, Nginx ]

こんばんは。

軽量 Web サーバ Nginx の設定の中のエラーログについてです。
(Debian, Ubuntu 等 GNU 系ディストリビューションは同様だと思う)

0. 前提条件

  • Linux Mint 13 Maya (64bit) での作業を想定。
  • Nginx 1.2.6 がソースビルドによりインストール済み。
  • パッケージを利用してインストールした Nginx とはディレクトリ構成等が若干異なるが、エラーログについては同じ。

1. エラーログの設定

エラーログの設定は、設定ファイルに以下のように記述する。
(デフォルトのエラーログやソースビルド時にオプション指定したエラーログとは別に設定する場合)

/usr/local/nginx/conf/nginx.conf
1
error_log file | stderr [ debug | info | notice | warn | error | crit | alert | emerg ];

第1パラメータは出力ファイル名を指定するか、標準エラー出力を指定する。
第2パラメータでエラーの種類を指定する。指定しなかった場合は error を指定したものとされる。エラーの種類については事項参照。

2. エラーの種類

エラーの種類は以下の通り。順にエラー度が高くなる。

エラー値 説明
debugデバッグ情報
info情報
notice通知
warn警告
error一般的なエラー
crit致命的なエラー
alert緊急に対処すべきエラー
emergサーバが落ちるようなエラー

3. デバッグについて

設定ファイルで error_log の第2パラメータに debug を指定してデバッグ情報を出力するには、configure 時のオプションに --with-debug を指定する必要がある。
但し、その必要があるのはソースをビルドしてインストールする場合のみであり、パッケージでインストールする場合はデフォルトでデバッグ情報も出力できるようになっているので、設定ファイルで error_log の第2パラメータに debug を指定するだけで大丈夫である。

4. 参考サイト


実運用時、デバッグ時と使い分けるとよいでしょう。

以上。

Comments