mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Linux Mint - Google Chrome をインストール!

[ pc_tips ] [ Linux, LinuxMint ]

こんばんは。

少し前に WindowsXP(32bit) から Scientific Linux 6.3(64bit) の GNOME へデスクトップ環境を変更しましたが、次は Linux Mint 13 Maya(64bit) の Mate に変更してみました。 少しずつ使用してみて、どれが自分に合ったデスクトップ環境かを選定するためでもあります。 パッケージ管理が異なる(rpm 系 or deb 系)だけで、違和感はそれほどありませんし。

Linux Mint 自体のインストール・初期設定(日本語化等)については、各種 Web サイトに掲載されているので難しくはありません。簡単です。

今回は、少しだけ引っかかった Google Chrome のインストールについて、後学のために記録しておきます。

作業記録

0. 前提条件

  • Linux Mint 13 Maya (64bit) のデスクトップ環境 Mate での作業を想定

1. パッケージのダウンロード

Chrome ブラウザ から「64 bit .deb (Debian/Ubuntu 版」をダウンロードし、わかりやすいようユーザルートへ配置。

2. 必要パッケージのインストール

Google Chrome のインストールに必要な libnss3-1d, libcurl3 が未インストールならインストールしておく。

1
# sudo apt-get install libnss3-1d libcurl3

3. Google Chrome のインストール

ダウンロードした deb パッケージを使用してインストールする。

1
# sudo dpkg -i google-chrome-stable_current_amd64.deb

4. 動作確認

メニューの[インターネット]に[ Google Chrome ]ができる。 Google Chrome を起動してみる。

しかし、日本語が文字化け(トウフ化)する。 調査してみると、Ubuntu 系OSでは Google Chrome を起動すると文字化け(トウフ化)するようだ。

5. 対策

アンドロイド用フォントの “Droid” が影響しているようだ。 “Droid” を削除するとよいらいし。 「Synaptic パッケージマネージャ」で “fonts-droid”, “ttf-droid” を削除する。

6. 再度、動作確認

再度、Google Chrome を起動してみる。 日本語が正しく表示されるはず。


その後、各種設定や拡張機能を導入して使いやすくなりました。

以上。

Comments