mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Scientific Linux - 仮想プリンタ Cups-PDF インストール!

[ pc_tips, サーバ構築 ] [ CentOS, Linux, ScientificLinux ]

こんばんは。

Scientific Linux のデスクトップ環境に仮想プリンタ Cups-PDF をインストールしてみました。

ドキュメントを PDF 化して保存したい場合に大変便利です。

ちなみに、"Cups" とは Unix系OS ユーザにはお馴染みですが、"Common Unix Printing System" の略です。

以下、作業記録です。

作業メモ

0. 前提条件

  • Scientific Linux 6.3 (64bit) での作業を想定していますが、CentOS でも同じです。
  • Cups-PDF は Scientific Linux 標準のリポジトリには存在しません。 EPEL リポジトリに存在します。 EPEL リポジトリが使用可能であることを前提とします。 ここでは EPEL リポジトリの導入方法説明しません。不明な方は別途お調べ下さい。

1. インストール

EPEL リポジトリを利用して yum インストールする。 当方 EPEL リポジトリは導入済みですが、enabled=0 としているので、yum インストール時に --enablerepo=epel オプションを指定している。

1
# yum --enablerepo=epel -y install cups-pdf

インストールはこれだけだ。

2. インストール確認

ブラウザなり何なりで印刷メニューを開くとプリンタに [ Cups-PDF ] が追加されているはず。(以下は Firefox の画面)

CUPS-PDF_1

3. PDF 出力確認

プリンタに [ Cups-PDF ] を選択して、用紙サイズなど各種設定して [ 印刷 ] ボタンをクリックすれば、デスクトップに PDF ファイルが作成されるはず。

4. PDF 出力先変更

デフォルトでは PDF ファイルはデスクトップに作成される。 作成先を変更するには “/etc/cups/cups-pdf.conf” ファイルの以下の部分を変更すればよい。

1
Out ${DESKTOP}

他にも PDF 出力するソフトは多数存在しますが、Linux 使いにはこの Cups-PDF が定番でしょうね。

しかし、PDF 化作業はよく行うものの、めっきり物理プリンタは私用では使用しなくなりましたね。

インクジェットプリンタも何年も前に調子が悪くなって以来、マシンに接続していない。 年賀状等もクラウドサービスを利用するし。

以上。

Comments