mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Scientific Linux - TeXworks インストール!

[ pc_tips ] [ CentOS, Linux, ScientificLinux, TeX ]

こんばんは。

Scientific Linux のデスクトップ環境に を扱う GUI ツール TeXworks をインストールしてみました。 当然、 環境は導入済みです。

以下、作業記録です。

作業メモ

0. 前提条件

  • Scientific Linux 6.3 (64bit) での作業を想定していますが、他のディストリビューションでもほぼ同じだと思います。
  • Tex Live 2012 が導入済み。 導入方法は CentOS - TeX Live 2012 インストール! を参照。
  • TeX の詳細(文法等)については、ここでは説明しません。

1. 必要なパッケージのインストール

TeXworks のインストール必要なパッケージをあらかじめインストールしておく。

1
2
3
4
5
6
# yum -y install subversion
# yum -y install poppler-devel
# yum -y install poppler-qt4-devel
# yum -y install qt-devel
# yum -y install hunspell-devel
# yum -y install dbus-devel

2. TeXworks のインストール

以下の手順で TeXworks をインストールする。

1
2
3
4
5
# cd /tmp
# svn checkout http://texworks.googlecode.com/svn/trunk/ texworks-read-only
# cd texworks-read-only
# /usr/lib64/qt4/bin/qmake-qt4
# make install

3. インストール確認

これで、[ アプリケーション ] - [ オフィス ] に [ TeXworks ] ができているはず。 クリックして起動するか確認してみる。

TEXWORKS_1

4. シェルスクリプト作成

texファイル → platex → dviファイル → dvipdfmx → pdfファイル → PDFビュア という流れで tex ファイルから PDF を作るのですが、これを一連で処理するためのスクリプトを作成する。

1
2
3
4
# vi /usr/local/texlive/2012/bin/x86_64-linux/pdfplatex.sh
#!/bin/sh
platex $1 || exit 1
dvipdfmx $1 || exit 1

※以降の作業でシェルの所有者によるエラーが発生する場合は、所有者を実行するユーザに変更してみる。

1
# chown hoge:hoge /usr/local/texlive/2012/bin/x86_64-linux/pdfplatex.sh

5. タイプセットの変更

メニューの [編集] - [設定] を開き、[タイプセット] タブのタイプセットの方法に「pdfpLaTeX」を追加する。

  • 名前:pdfpLaTeX
  • プログラム:/usr/local/texlive/2012/bin/x86_64-linux/pdfplatex.sh
  • 引数:$basename

そして、作成した「pdfpLaTeX」を最上位に移動し、デフォルトも「pdfpLaTeX」に変更する。

TEXWORKS_2

6. 動作確認

tex ファイルを作成し、左上にあるタイプセットボタンをクリックする。 構文にエラーがなければ、自動で dvi ファイル、pdf ファイルを作成し、PDFビュアで作成された PDF が表示されるはずです。 ※ そのものについての詳細ここでは述べません。別途お調べ下さい。

TEXWORKS_3


やはり、tex ファイルから dvi ファイル、pdf ファイルを作るまでの作業をコマンドだけで行うより断然楽です。

以上。

Comments