mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Scientific Linux - ホームディレクトリの日本語ディレクトリ名の英語化!

[ pc_tips ] [ CentOS, Linux, ScientificLinux ]

こんばんは。

Scientific Linux のデスクトップ環境では、デフォルトではホームディレクトリ配下のディレクトリ名が「デスクトップ」、「ダウンロード」等のように日本語になっています。

端末エミュレータ等をよく使用する場合には、都度ディレクトリ名に日本語入力するのは面倒です。

以下、"Desktop", “Downloads” のようにディレクトリ名を英語化する方法についてです。

作業記録

0. 前提条件

  • 作業環境は Scientific Linux 6.3 (64bit) を想定してますが、CentOS 環境でも同じです。

1. 日本語化設定コマンド実行

端末から以下のコマンドを実行する。 (実行するユーザは使用するユーザ)

1
$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

2. 日本語化設定

開いたウィンドウで、"Don’t ask me this agein" にチェックを入れて [ Update Names ] をクリック、そしてログインし直す。

HOMEDIR_JP2EN_1

3. 確認

ログインし直したら、ファイルブラウザ、端末エミュレータ等でディレクトリ名が英語に変わっていることを確認する。

その他

  • 日本語名のディレクトリのそれぞれが空でないと上記の作業を行ってもそのディレクトリは残ってしまいます。 後で整理しても構いませんが、作業前に空にした方がよいでしょう。
  • ディレクトリ名を日本語に戻す場合は、 xdg-user-dirs-update --force

これで、端末エミュレータ等での作業が少しだけですが、楽になりました。

以上。

Comments