mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Scientific Linux - Google Chrome を yum インストール!

[ pc_tips ] [ CentOS, Linux, ScientificLinux ]

こんばんは。

Scientific Linux や CentOS のデスクトップ環境に Web ブラウザ Google Chrome をインストールする方法についてです。

別途リポジトリを用意する必要があったため、記録として残しておきます。

作業記録

0. 前提条件

  • 作業環境は Scientific Linux 6.3(64) Gnome を想定。 (CentOS + Gnome 環境でも同じ。おそらく KDE 等も同じでしょう。)

1. リポジトリの準備

以下のように、リポジトリ設定ファイルを用意する.

【 64ビットの場合 】

1
2
3
4
5
6
7
# vi /etc/yum.repos.d/google.repo
[google-chrome]
name=google-chrome - 64-bit
baseurl=http://dl.google.com/linux/chrome/rpm/stable/x86_64
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=https://dl-ssl.google.com/linux/linux_signing_key.pub

※32bit 版 OS の場合は、x86_64 の部分を i386 にすればよい。

2. yum インストール

以下のようにして yum インストールする。 リポジトリ設定ファイル内で enabled=0 としているので、yum 実行時にオプションで --enablerepo=google-chrome を指定している。

1
# yum --enablerepo=google-chrome -y install google-chrome-stable

3. 確認

メニューの [ アプリケーション ] - [ インターネット ] に [ Google Chrome ] ができているのを確認する。 さらに、Google Chrome が開くか確認する。 今回のインストールでバージョン 21.0.1180.89 がインストールされた。

SL_GOOGLE_CHROME


最近、メインで使用するマシンの OS を Windows XP から Scientific Linux に変更したので、何かとやることが新鮮で面白いです。

Windows XP は VirtualBox で使用できるようにしておいた。 久しぶりの Windows XP インストール作業だったが、前回の XP インストール作業から120日(アクティベーションの最低間隔)を何年も過ぎているので、アクティベーションも全く問題なかった。

以上。

Comments