mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Scientific Linux - NVIDIA ドライバのインストール!

[ pc_tips ] [ CentOS, Linux, ScientificLinux ]

こんばんは。

当方がメインで使用していたマシンに Scientific Linux 6.3 (GNOME) をインストールしたので、NVIDIA ビデオカード対応のドライバもインストールしました。

作業が単純ではないので、記録として残しておきます。

作業記録

0. 前提条件

  • 作業するマシンには Scientific Linux 6.3 (64bit版) Gnome がインストールされている。 (CentOS や Gnome 以外でも同じでしょう)
  • マシンに搭載されているビデオカードは、EN9600GT/HTDI/512M/R3

1. ドライバの準備

nvidia ドライバダウンロードページ から、マシンに搭載されているビデオカードに合ったドライバをダウンロードする。 当方は、

  • ビデオカード:EN9600GT/HTDI/512M/R3
  • OS:Scientific Linux 6.3 (64bit版)

なので、"NVIDIA-Linux-x86_64-304.43.run" をダウンロードした。 ダウンロードしたドライバを分かりやすいように /root に配置。

2. システムアップデート

念のため、システムのアップデートをしておく。

1
# yum -y update

3. 必要なパッケージのインストール

ドライバインストールに必要なパッケージをインストールしておく。

1
2
3
4
# yum -y install kernel-devel
# yum -y install gcc*
# yum -y install freeglut
# yum -y install freeglut-devel

4. カーネルバージョンの固定化

カーネルをバージョンアップするたびにドライバーを再インストールするのが面倒なので,yum update でカーネルが自動的にアップデートされないようにする.

1
2
# vi /etc/yum.conf
exclude=kernel*  # <= 追加

5. nouveau の無効化

デフォルトで使用されるビデオドライバ nouveau を無効化する。

1
2
3
4
# cp /etc/modprobe.d/blacklist.conf /etc/modprobe.d/blacklist.conf.old
# vi /etc/modprobe.d/blacklist.conf
blacklist nouveau          # <= 最終行に追加
options nouveau modeset=0  # <= 最終行に追加

6. ランレベル変更&再起動

CUI モードで起動させるためにランレベルを変更する

1
2
3
4
# vi /etc/inittab
#id:5:initdefault:
#  ↓ 変更
id:3:initdefault:

そして、再起動

1
# shutdown -r now

7. ログイン

CUI モードで再起動したら、root でログインする。

8. ドライバインストール

以下のコマンドでドライバのインストールを開始する。

1
sh NVIDIA-Linux-x86_64-304.43.run
  • 画面には同意するかしないかの選択画面が表示されるので [ Accept ] を選ぶ。
  • 32bit 対応 OpenGL ライブラリをインストールするか否か聞かれ、[ YES ] を選択した。(問題なかった)
  • インストールに成功したら [ OK ] を選択する。

9. ランレベル変更&再起動

GUI モードでの起動に戻すためにランレベルを元に戻す。

1
2
3
4
# vi /etc/inittab
#id:3:initdefault:
#  ↓ 変更
id:5:initdefault:

そして、再起動

1
# shutdown -r now

10. 確認

再起動したら、GNOME メニューの [システム] - [設定] に [ NVIDIA X Server Settings ] ができているはずで、ビデオカードの各種設定が可能になる。 これで、「デスクトップ効果」で Compiz を有効にしたりできる。


サーバ用途なら不要な作業ですが、デスクトップ用途となると必須ですね。

以上。

Comments