mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

VirtualBox - CentOS 6.3 で GuestAdditions インストール時に OpenGL でエラー!

[ pc_tips, サーバ構築 ] [ CentOS, VirtualBox ]

こんばんは。

仮想マシン Oracle VirtualBox(Ver.4.1.18) にゲストOSとして CentOS 6.3(x86_64) のデスクトップ環境を導入後、Geust Additions をインストールしようとすると OpenGL の部分で以下のようなエラーが発生します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
# su -
# cd /media/VBOX*
# ./VBoxLinuxAdditions.run
Verifying archive integrity... All good.
Uncompressing VirtualBox 4.1.18 Guest Additions for Linux.........
VirtualBox Guest Additions installer
Removing installed version 4.1.18 of VirtualBox Guest Additions...
Removing existing VirtualBox DKMS kernel modules           [  OK  ]
Removing existing VirtualBox non-DKMS kernel modules       [  OK  ]
Building the VirtualBox Guest Additions kernel modules
Building the main Guest Additions module                   [  OK  ]
Building the shared folder support module                  [  OK  ]
Building the OpenGL support module                         [失敗]
(Look at /var/log/vboxadd-install.log to find out what went wrong)
Doing non-kernel setup of the Guest Additions              [  OK  ]
Installing the Window System drivers
Installing X.Org Server 1.10 modules                       [  OK  ]
Setting up the Window System to use the Guest Additions    [  OK  ]
You may need to restart the hal service and the Window System (or just restart
the guest system) to enable the Guest Additions.

Installing graphics libraries and desktop services componen[  OK  ]

以下、対処方法についてのメモです。

対処方法

0. 前提条件

  • 当方が確認した Virtual Box は 4.1.18
  • ホストOSは Windows XP SP3 (32bit)
  • ゲストOSは CentOS 6.3 (x86_64)
  • ゲストOSに Guest Additions を当てるのに必要な gcc, make, kernel-devel はインストール済み

1. パッチの取得

“vboxvideo_drm.c” というソースに不具合があるようなので、こちら(www.centos.org - Forums - CentOS 6 - General Support - VBOX Guest Additions for CentOS 6.3)から CentOS 6.3 用のパッチを取得して保存する。 保存先は “/usr/src/vboxguest-4.1.18/vboxvideo” で、ファイル名は “vboxvideo_drm.c.patch” とする。 (ゲスト側(CentOS)でブラウザからコピーして、vi エディタで貼り付ける方法が一番簡単です)

2. パッチの適用

ターミナルで、以下のように su ユーザになってパッチを適用する。

1
2
3
4
$ su -
# cd /usr/src/vboxguest-4.1.18/vboxvideo
# patch < vboxvideo_drm.c.patch
patching file vboxvideo_drm.c

3. Guest Additions のセットアップ

ここで “/media/VBOX*” ディレクトリの “VBoxLinuxAdditions.run” を実行すると先ほど当てたパッチが無効になってしまうので、以下のようにしてセットアップする。(su ユーザのままで)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
# /etc/rc.d/init.d/vboxadd setup
Removing existing VirtualBox DKMS kernel modules           [  OK  ]
Removing existing VirtualBox non-DKMS kernel modules       [  OK  ]
Building the VirtualBox Guest Additions kernel modules
Building the main Guest Additions module                   [  OK  ]
Building the shared folder support module                  [  OK  ]
Building the OpenGL support module                         [  OK  ]
Doing non-kernel setup of the Guest Additions              [  OK  ]
You should restart your guest to make sure the new modules are actually used

4. ゲスト OS のリブート

Guest Additions を有効化するために、ゲスト OS(CentOS) をリブートする。

5. 動作確認

ゲスト OS (CentOS) で 3D 効果が使用できるようになっているか、ホスト OS とシームレスなマウス移動、クリップボードの共有等ができるようになっているか、等を確認する。

その他

ちなみに、ゲスト OS が CentOS 6.2 だと、上記のパッチでは失敗します。 CentOS 6.2 の場合のパッチは以下のサイトで入手可能です。


普段、CentOS のデスクトップ環境は触れることはありませんが、たまたま Virtual Box の環境を整理していて発見した不具合でした。

以上。

Comments