mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Cygwin - JRuby インストール!

[ サーバ構築, プログラミング ] [ Cygwin, Ruby ]

こんばんは。

Cygwin に JRuby をインストールしてみました。

JRuby とは、Java で作られた Ruby の処理系で Java と Ruby のクロスオーバーを実現する技術です。

作業手順

CRuby との共存を考えるなら RVM 等のツールを使うのがいいでしょう。 以下は、通常のインストール手順です。

0. 前提条件

  • 作業した Cygwin は 1.7.15 です。(Linux, BSD でも同様の作業でいけると思います)
  • Java 1.7.0 導入済みで使える状態になっている。
  • jRuby 1.6.7.2 は Ruby 1.8.7-p357 対応なので、Ruby 1.9.3 対応の jRuby 1.7.0.Preview1 をインストール。(当記事執筆時点)
  • jRuby の配置先は “/usr/local” ディレクトリ配下とした。
  • ちなみに、Windows 環境用、Mac 環境用のアーカイブも用意されています。

1. ダウンロード&インストール

アーカイブを こちら からダウンロードして解凍して所定の位置に配置します。

1
2
3
$ wget http://jruby.org.s3.amazonaws.com/downloads/1.7.0.preview1/jruby-bin-1.7.0.preview1.tar.gz
$ tar zxvf jruby-bin-1.7.0.preview1.tar.gz
$ mv jruby-1.7.0.preview1 /usr/local/

2. 環境変数設定

環境変数の設定をします。(JRUBY_HOME の設定と PATH の追加)

1
2
3
4
5
6
7
$ cd
$ vi .bash_profile
# 環境変数JRUBY_HOMEを登録。
export JRUBY_HOME=/usr/local/jruby-1.7.0.preview1
# pathを追加する
export PATH=$JRUBY_HOME/bin:$PATH
$ source .bash_profile

3. インストール確認

インストールできているかバージョン表示して確認する。

1
2
3
$ jruby -v
jruby 1.7.0.preview1 (ruby-1.9.3-p203) (2012-05-19 00c8c98)
(Java HotSpot(TM) Client VM 1.7.0) [Windows XP-x86-java]

4. 動作確認用スクリプト作成

さらに、動作確認用にスクリプトを作成してみる。 【ファイル名:test_jruby.rb】

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
require "java"
import  java.lang.System

class Hoge
  def display
    System.out.println("Hello JRuby World!")
  end
end

hoge = Hoge.new
hoge.display

“java” を require することで、Java コマンドがそのまま使えます。

5. 動作確認

作成したスクリプトが動作するか確認する。

1
2
$ jruby test_jruby.rb
Hello JRuby World!

正常に動きました。

参考サイト


これで Ruby スクリプト内で Java が使えるようになりました。 ものによっては Ruby(CRuby) よりJRuby の方がパフォーマンスがよくなるかもしれません。

以上。

Comments