mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Linux - PHP 5.4.0 をソースからインストール!

[ サーバ構築 ] [ CentOS, PHP, ScientificLinux ]

こんばんは。

現在の Scientific Linux 6.2 や CentOS 6.2 ではリポジトリの関係上、パッケージでインストールできる PHP: Hypertext Preprocessor は 5.3.3 とかです。(今回は RedHat(RPM) 系 Linux での話です。)

PHP では現在既に 5.4 系がリリースされていますので、今回は安定版の最新バージョンの 5.4.0 をソースからインストールしました。

作業記録

0. 前提条件

今回は CentOS 6.2 (x86_64版) で確認しましたが、i386版や Scientific Linux 6.2 でも同様のはずです。

1. 事前準備

当方の環境では以下のものが未導入でしたの予めインストールしておく。

1
# yum -y install libxml2-devel

2. インストール

ソースをダウンロードし、configure, make, make install する。 ※configure オプションは環境により異なります。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
# cd /usr/local/src
# wget http://jp.php.net/get/php-5.4.0.tar.gz/from/this/mirror
# tar zxvf php-5.4.0.tar.gz
# cd php-5.4.0
# ./configure --enable-mbstring --enable-mbregex --enable-soap \
--with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs \
--with-mysql=/usr/local/mysql-5.5.23 --with-pdo-mysql=/usr/local/mysql-5.5.23 \
--with-zlib-dir=/usr/lib --with-mysqli=/usr/local/mysql-5.5.23/bin/mysql_config
# make
# make install

3. Apache の再起動

PHP 有効化のために Apache を再起動する。

1
# /etc/rc.d/init.d/httpd restart

4. PHP インストール確認

PHP がインストールされているか確認する。

1
2
3
4
# php -v
PHP 5.4.0 (cli) (built: Apr 15 2012 23:22:28)
Copyright (c) 1997-2012 The PHP Group
Zend Engine v2.4.0, Copyright (c) 1998-2012 Zend Technologies

5. Apache 設定ファイルの編集

Apache で PHP ファイルが利用できるように編集する。

1
2
3
4
5
# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf
LoadModule php5_module modules/libphp5.so
AddType application/x-httpd-php .php .php5 .phtml
AddType application/x-httpd-php-source .phps .php5s
# service httpd restart

6. 動作確認

定番の以下の内容の PHP ファイルを Apache ドキュメントルートに作成し、ブラウザから http://%EF%BC%9C%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90IP%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9%EF%BC%9E/phpinfo.php にアクセスする。 PHP 設定情報が表示されれば OK です。

1
2
3
4
# vi /usr/local/apache2/htdocs/phpinfo.php
<?php
  phpinfo();
?>

参考サイト


これでインストールでき、PHP は利用可能のはずですが、yum でインストールした場合とインストール先等が異なったりするので、その後の設定は若干変わってくると思います。要注意です。 ※ただ、実際には当方のサーバでは yum (標準リポジトリ) でインストールできる 5.3.3 の PHP で運用していますが。。。

以上。

Comments