mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

Ruby - Twitter ブロックしているユーザの一覧を取得!

[ sns, プログラミング ] [ Ruby, Twitter ]

こんばんは。

以前、Ruby で Twitter のタイムラインとかユーザ情報とか OAuth 認証とかツイート数・フォロワー数とかについて書きました。 過去記事は検索してご覧ください。

今回は、自分がブロックしているユーザの一覧を取得する処理についてです。

OAuth 認証が必要ですが、簡単に取得可能です。

Ruby スクリプト

以下はテスト用の Ruby スクリプトです。 事前に OAuth 認証できるようキーを取得しておく必要があります。 【参照】Ruby - TwitterタイムラインをOAuth認証で取得!

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
# -- coding: utf-8 --

require 'twitter'
require 'oauth'

#=Twitter ブロックしているユーザ取得
class TestTwitterGetBlockedUser

  # Consumer key, Secretの設定
  CONSUMER_KEY     = "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX"
  CONSUMER_SECRET  = "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX"

  # Access Token Key, Secretの設定
  ACCESS_TOKEN_KEY = "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX"
  ACCESS_SECRET    = "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX"

  begin

    # Twitter.configure 設定
    Twitter.configure do |config|
      config.consumer_key       = CONSUMER_KEY
      config.consumer_secret    = CONSUMER_SECRET
      config.oauth_token        = ACCESS_TOKEN_KEY
      config.oauth_token_secret = ACCESS_SECRET
    end

    # Twitter::Client インスタンス化
    client = Twitter::Client.new

    # blocked_ids取得Option用Hash
    hash = { :stringify_ids  => true }

    # UserList取得
    users_blocked = client.blocked_ids( hash )
    users_blocked.sort.each { |user| p user }

  rescue => e

    # エラーメッセージ
    str_msg = "[EXCEPTION]" + e.to_s
    STDERR.puts str_msg
    exit 1

  end

end

※stringify_ids を設定しない場合は、ユーザIDが数値で戻ります。

参考サイト


実際は、MySQL に登録したり、取得したIDのユーザ情報も別途取得後、Ruby on Rails 製アプリで閲覧できるようにしています。 Twitter API を使用すれば、意外と何でもできます。

以上。

Comments