mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

ルービックキューブ - DaYan ZhanChi!

[ ルービックキューブ ] [ ]

こんばんは。

当ブログでは久々の「ルービックキューブ」ネタです。

小学生時代から何度目かのマイブームです。 今回のブームは今までで最も気合が入っていて、スピードキュービングと呼ばれるものに結構ハマっています。

今までは「メガハウス」製の既製のキューブを使用していました。 (既製のものはステッカーがすぐ剥がれるので、「CSKit」さんのもので張替えて使用)

しかし、スピードキュービングはスピードが命ということで、回し心地を重視して、「メガハウス」製のスピードキュービングキットも使用してみました。(こちらのキューブは4・5日しが使用していません)

SCK_01

SCK_02

回し心地は調整できるので、軽くして使用していました。 (紙やすりでかるくバリもとり、もちろんシリコンスプレーも注して) 既製品に比べて動きは軽くはなりましたが、まだ馴染んでないせいか若干のひっかかり感は感じていました。

ここからが、今回の本題です。

スピードキュービング界では中国・大雁(DaYan)製のキューブが定番(もちろん他のメーカーもありますが)のようです。 最近、スピードキュービングのことを調べていて、初めて知りました。

早速、「triboxストア」で購入してみました。 キューブの構造もわかるし若干低価格のDIYキット(黒素体・白素体)を購入しました。 ステッカーはオリジナル版ではなくtriboxバージョンを選択しました。

以下、先日組み立てた時の記録です。 特に説明書はありませんが、ルービックキューブを分解したことがある人なら簡単に組み立てられます。

DaYan ZhanChi DIY キット 組み立て等

DIYキットなので、こんな感じで届きます。

ZHANCHI_01

コア(中心の軸)部分のパーツです。 最初から1個だけセンターキューブが取り付けられていました。

ZHANCHI_02

センターキューブです。

ZHANCHI_03

センターキューブのキャップです。 ツメは1箇所しかありません。(最初は折れているのかと思ってしまいました)

ZHANCHI_04

エッジキューブです。(実は更に3つのパーツに分解できますが今回はパス)

ZHANCHI_05

コーナーキューブです。(実はこれも3つのパーツに分解できますが今回はパス)

ZHANCHI_06

ネジ・スプリング・ワッシャー部分を確認するために、コア部分に最初から取り付けてあるセンターキューブを取り外してみました。 想定どおりでした。

ZHANCHI_07

コアの5箇所に5個のセンターキューブを取り付けます。(この時点ではネジは仮留め)

ZHANCHI_08

2個のコーナーキューブと1個のエッジキューブを並べてみたところです。

ZHANCHI_09

2個のコーナーキューブと1個のエッジキューブをくっ付けるとうまい具合にかみ合います。

ZHANCHI_10

コーナーキューブ・エッジキューブを互いにうまくかみ合うように取り付けていきます。

ZHANCHI_11

すべてのキューブを取り付けたら、残していたセンターキューブを取り付けます。 そして、実際に回してみながらネジの締め具合を調整します。 ※場合により、シリコンスプレーを注したりします。

ZHANCHI_12

センターキューブにキャップを取り付けます。

ZHANCHI_13

貼り付けるステッカーです。(triboxバージョン)思ったより厚みは薄いです。

ZHANCHI_14

ステッカーを日本配色で貼り付けます。 triboxバージョンは転写シールがないのでピンセット等で1枚ずつ丁寧に貼り付けて完成です。

ZHANCHI_15

ZHANCHI_16

同様に、白素体も組み立て。

ZHANCHI_17

ZHANCHI_18

所感

メガハウス」製のキューブ(既製品・SCK)と比べてみて主に感じたことです。

  • ポップしないように構造が複雑になっている。
  • 実測までしていないが、体感で重量が若干軽い
  • ひっかかり感が全くない。
  • シリコンスプレーを注さなくても動きが軽い。
  • 総合的に、非常に回しやすい。

「DaYan」をもっと早く知っていれば、と思ったところです。 もう、手放せません。 これからは、これで練習します。

ちなみに、以下が「CCT Timer」で計測した今日の記録です。 ZhanChi にしたことと、さらに数パターンをものにできたことで、アベレージで1分切れるようになりました。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
Average: 54.66
Standard Deviation: 3.32
Best Time: 40.06
Worst Time: 1:00.81
Individual Times:
1.    49.75   R' B U' L R' B2 F' D U' F R' B2 R' B F2 D F D L R D2 U2 L' B D
2.    56.36   D2 R2 D L R2 B' F' R2 D' U L D2 U2 B2 F' U R F R' F D' F2 D' F' R
3.    50.95   U' L2 B' F' D2 U' F2 L' R2 U2 B D2 L2 B F2 L2 U' R' D U L D' B L2 R2
4.    57.27   R' D' F2 R2 U L U2 B F L D' L B F2 D2 B F2 L2 R D U L2 R' B' F'
5.    55.11   L' D2 U2 B R2 D' U' B F' D' U' F L2 R F2 R2 B2 R2 U L R' U' L2 R' B'
6.    (40.06) B' R' B F D' B2 F D U R' D2 U B' U' B' D2 L2 R' U L' R F D' L R2
7.    58.09   B' U' B' R' U2 L2 R' B U2 B2 L U L D' B' R2 B' U L2 F' D' F' L R' F'
8.    58.72   D U B' F' L F2 U' B' U F D' U B F D2 U' L2 U F L R' D U' B U'
9.    52.98   F' U F2 L' R' D' U' F2 L2 B' F' R F2 L B2 F2 L B F2 L2 B' L2 R F D'
10.   48.61   D' F2 L2 D' U2 F' L R F L' R U' R U2 L' B2 R' B2 L R2 B2 F2 L' R F
11.   58.76   B2 U' F2 L' R D' F' U2 L2 R2 D2 U R2 B' F' D' U' F L D U B2 L2 R B
12.   (1:00.81)   B' L U' B2 F2 R' F2 L' D U2 B D2 U' B' F2 U2 B2 D2 U2 L R2 D' U2 F R

まだまだ、覚え切れていないパターンが多数。 記憶と練習あるのみ!

以上。

Comments