mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

WindowsXP - DCOM システムエラー!

[ pc_tips ] [ Windows, レジストリ ]

こんばんは。

最近、WindowsXPマシンを起動するたびに以下のメッセージボックスが表示されるようになった。

DCOM_SYSTEMERROR_1

イベントビューアを見てみると案の定エラーになっている。

DCOM_SYSTEMERROR_2

何個もエラーが表示されているがとりあえず、1つのエラーに注目してみた。

エラーのプロパティを見てみると、

DCOM_SYSTEMERROR_3

[IIS]DCOM でイベント ID 10005 が記録される」によると

1
本現象は、システムの起動時に、IIS Admin サービスが停止状態(無効)の場合、Print Spooler サービスの起動のタイミングで出力されます。これは、IIS Admin サービスと Print Spooler サービスが共にインストールされている環境の場合、Print Spooler サービスの起動時に IIS Admin サービスに依存するインターネット印刷の初期化が行われるために発生しています。また、IIS Admin サービスが停止状態(無効)の時に、インターネット インフォメーション サービス スナップ インが含まれる Microsoft 管理 コンソール(MMC)を起動した場合にも同様のイベントが記録されます。この場合、イベント ログのユーザー項には、その MMC を起動したユーザー名が記録されます。

だそうだ。

確かにサービスを確認してみると、IIS Admin サービスのスタートアップの種類が「無効」になっている。

DCOM_SYSTEMERROR_4

解決策はIIS Admin サービスのスタートアップの種類を「自動」にするか、IIS Admin サービスをアンインストールするか、のようです。 あと、別で調べた結果、プリンタを使用しない環境ならPrint Spooler サービスを「無効」にするという方法もあるようです。 ※但し、プリンタは使用しない環境だがPDF作成ソフトを導入している場合、プリンタを使用している環境と考えます。

当方はIIS Adminを必要とするアプリを自作していて、そのアプリ起動時のみにIIS Adminを起動させるつもりでいたし、プリンタは無いがPDF作成ソフトを導入しているので、IIS Admin サービスのアンイストール、Print Spooler サービスの「無効」化は行わず、IIS Admin サービスのスタートアップの種類を「手動」にしてみました。 ※本来は「自動」に設定するようですが、マシン起動のたびにサービスが開始されマシンが重くなるのが気に入らないので「手動」に設定。

そして、マシンを再起動してみます。

起動時のメッセージボックスは表示されなくなり、イベントビューアにもこのエラーは出力されなくなりました。 やっぱり、IIS Admin サービスのスタートアップは「自動」でなくて「手動」でも大丈夫みたい。

まだ、他にもシステムエラーが残っているがこの件に関しては解決。

以上。

Comments