mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

WordPress - Syntax Highlighter でW3Cエラー!

[ ブログ ] [ WordPress ]

こんばんは。

当方のWordPressで構築しているプログで、ソースコードをきれいに表示してくれるプラグイン「Syntax Highlighter」(バージョン:3.0.83)を使用しているのですが、最近CSSのW3Cチェックでエラーが発生するようになりました。 ※W3Cチェックとは何か?という方は以下の過去記事をご参照ください。

エラーの内容

1
2
3
4
5
プロパティ -moz-border-radius は存在しません : 0 0 0 0 0 0 0 0
プロパティ -webkit-border-radius は存在しません : 0 0 0 0 0 0 0 0
プロパティ box-sizing は CSS レベル 2.1 に存在しませんが、[css3] に存在します : content-box content-box
次のプロパティが正しくありません : min-height auto は min-height で利用できる値ではありません : auto auto
プロパティ box-sizing は CSS レベル 2.1 に存在しませんが、[css3] に存在します : border-box border-box

min-height のエラーは当方が以前調査した際に、IE用の設定だが無くても問題ないと判断したもの。 他のエラーはW3C(CSS)チェックを行う際、レベル2.1でチェックしようしているのにレベル3のものがあるために発生しているようです。 ※ちなみに、こちら「CSS 2.1、W3C勧告へ」によると、最近13年ぶりに2.0から2.1にバージョンアップされたようです。3へのバージョンアップも何年も後になることでしょう。

プラグインの中身をあまり修正したくないし、そんなに詳しくもないので、「Syntax Highlighter」は以前使用していたバージョン(2.1.364)を使用することにしました。 ※単にソースを表示するだけなので、バージョンが古いことによる不具合も感じないので。

そして、バージョン2.1.364でもこちらの過去記事(WordPress − W3C(CSS)がSyntaxHighlighterでエラー!)のとおりのエラーとなるので、プラグインのCSSファイル「shCore.css」を修正しました。

以上。

Comments