mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

phpMyAdmin - タイムアウト時間の変更!

[ pc_tips, サーバ構築 ] [ Linux, MySQL, PHP, Windows ]

こんばんは。

最近、Windowsマシンでもデータベースに「 SQLServer 」ではなく「 MySQL 」を使用することが多くなったため、GUIツールの「 phpMyAdmin 」をよく使用します。

しかし、コーディングを30分くらいして、DBの内容を「 phpMyAdmin 」で確認しようとすると、セッションが切れてて再ログインしなければなりません。(初期設定で、1800秒とか1440秒とかになっている)

PHPMYADMIN_TIMEOUT_1

頻繁に「 phpMyAdmin 」で操作している間はよいのですが、別の作業に集中したりするすぐに制限時間を過ぎてしまい若干不便です。

以下の方法でセッションタイムアウト時間を変更できるようなのでメモしておきます。

「 phpMyAdmin 」がインストールしてあるフォルダ内のファイル「 config.inc.php 」の最後のほうあたりに次の1行を追加してWebサーバをリロード(再起動)するだけです。 (ファイル「 config.inc.php 」が存在しない場合は、「 config.sample.inc.php 」をコピーして「 config.inc.php 」を作成する)

1
2
3
4
// 43,200秒(12時間)に設定。
// 60 * 60 * 12 という記述でもOK!
ini_set("session.gc_maxlifetime", 43200);
$cfg['LoginCookieValidity'] = 43200;

ちなみに、色々試してみた結果、Linuxでは「 ini_set ~ 」の行はなくても良かったのですが、Windowsではこの行がないとログイン後以下のエラメッセージが表示されます。

1
2
3
Your PHP parameter session.gc_maxlifetime is lower that cookie validity
configured in phpMyAdmin, because of this, your login will expire sooner
than configured in phpMyAdmin.

これは、「 session.gc_maxlifetime 」が「 cookie 」の有効期限より短いことが原因のようです。

以上。

Comments