mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

P183 - ケースファン交換!

[ 自作pc ] [ Antec, P183 ]

おはようございます。

今日はうちの今メインで使用している自作マシンのケースファンを交換しました。

ケースというのはAntecのP183です。 このケースには標準で12センチのファンがケースの背面上部と天板後部に設置されているもので、 背面上部のスイッチにより3段階の回転数設定ができます。

P183_CASEFAN_01

P183_CASEFAN_02

3段階というのは、 回転数 ・・・ 1200/1600/2000rpm 風圧 ・・・ 39/56/79CFM ノイズレベル ・・・ 25/28/30dB のようです。

最近寒いので、ケース内もそれほど熱くはならなので、 一番回転数を下げて使用していましたが、 それでも、風の音が気になる程度のノイズです。(25dBですから・・・)

そこで、ケースファン2つとも交換することにしました。 交換したのは、 ENERMAXのEVEREST「 UCEV12 」です。 温度センサーによって、自動で回転数を制御する超静音タイプです。 おまけに青色LEDで光ります。(ON・OFFスイッチあり)

P183_CASEFAN_03

回転数 ・・・ 500 ~ 1000 rpm (25℃~45℃) ・自動制御 ノイズレベル ・・・ 8 ~ 12 dB です。

取り付けはビスの代わりにアイソレータというゴム製の部品でも可能です。 うちのP183の場合、 背面のファンはアイソレータで取り付け、 天板のファンは天板が厚いためビスで取り付けました。 また、温度センサーも適当な場所に取り付けました。 ※ただ、元々ついていた回転数制御用のスイッチ部分が穴が開いた感じになります。

LEDをONにした状態のショットです。

P183_CASEFAN_04

でも、実際はLEDはOFFにして使いますが。。。

ケースファン自体は多少静かになったように思います。 というのも、CPUファンがうるさいみたい。。。 要チューニングです。。。

それと、近いうちにケースの前面にも吸気用ファンをつけたりしたいと思案中。 (ファンコンも欲しいな・・・)

ではまた。

Comments