mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

玄箱HG - Debian(sarge)導入!

[ サーバ構築, 玄箱 ] [ Debian ]

こんばんは。

今日は玄箱HGにDebian(sarge)を導入してみました。 この間、この玄箱HGにFedora12を導入したばかりですが、 ちょっと試してみたいこともあったんで。。。 (実は以前、何回かDebianを導入したこともあります) ※いずれは、「etch」化、「lenny」化していくかもれません。

今回は記録をとりながら、作業していくことにしました。

玄箱の基本的な知識・Linuxの基本的な知識については、 詳細には記載していません。 あくまでも自分の記録です。

作業記録

1.準備

組み立てた玄箱HGに標準のファームウェアを導入。 ※玄箱設定の最初の基本的な操作なので、ここでは操作については説明しません。

2.Debian化キットダウンロード

こちら[ http://www.genbako.com/debian-2.6.17.3/ ]から 「 debian-sarge-2.6.17.3-kuroHG-20060702.tgz 」 こちら[ http://www.genbako.com/ ]から 「 kernelimage-2.6.25.1-kuroHG.tgz 」 「 modules-2.6.25.1-kuroHG.tgz 」 をダウンロードする。

3.Debian化キットを玄箱HGへ転送

先ほどダウンロードしたアーカイブファイルのうち、 「 debian-sarge-2.6.17.3-kuroHG-20060702.tgz 」を 玄箱HGの[ /mnt/share ]へFTP転送する。 (Windowsのエクスプローラでもコピーできます)

4.玄箱HGへログイン

Telnetで玄箱HGへログインする。 ( ユーザ/パスワード:[ root / kuroadmin ])

1
2
3
4
5
6
7
Kuroutoshikou KURO-BOX/HG (IESHIGE)
Linux/ppc 2.4.17_mvl21

KURO-BOX login: root
Password:
Linux (none) 2.4.17_mvl21 #24 2004年 10月 19日 火曜日 17:17:03 JST ppc unknown
root@KURO-BOX:~#

5.Debian化キット展開

Debian化キットのアーカイブを展開する。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
root@KURO-BOX:~# cd /mnt/share
root@KURO-BOX:/mnt/share# tar xzf debian-sarge-2.6.17.3-kuroHG-20060702.tgz
root@KURO-BOX:/mnt/share# ls
bin                                        dev   lib   root  tmp
boot                                       etc   mnt   sbin  usr
debian-sarge-2.6.17.3-kuroHG-20060702.tgz  home  proc  sys   var
root@KURO-BOX:/mnt/share#
root@KURO-BOX:/mnt/share# rm debian-sarge-2.6.17.3-kuroHG-20060702.tgz ← 元のアーカイブを削除
root@KURO-BOX:/mnt/share#

6.ネットワーク関連の設定

ここで最低限必要なネットワークの設定をする。

・hostname

1
2
3
4
root@KURO-BOX:/mnt/share# cd /mnt/share/etc
root@KURO-BOX:/mnt/share/etc# vi hostname

KURO-BOX ← 今回はデフォルトのまま使います。

・hosts

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
root@KURO-BOX:/mnt/share/etc# vi hosts

127.0.0.1       localhost
192.168.11.2    KURO-BOX ← 変更
192.168.11.3    NOAH     ← 追加(保有しているマシン)
192.168.11.4    PULSAR   ← 追加(保有しているマシン)
192.168.11.11   ST62K    ← 追加(保有しているマシン)
192.168.11.12   TERRANO  ← 追加(保有しているマシン)
192.168.11.13   P183     ← 追加(保有しているマシン)

# The following lines are desirable for IPv6 capable hosts
# (added automatically by netbase upgrade)

::1     ip6-localhost ip6-loopback
fe00::0 ip6-localnet
ff00::0 ip6-mcastprefix
ff02::1 ip6-allnodes
ff02::2 ip6-allrouters
ff02::3 ip6-allhosts

・resolv.conf

1
2
3
4
root@KURO-BOX:/mnt/share/etc# vi resolv.conf

search
nameserver 192.168.11.4 ← 環境に合わせて変更

・hosts.allow

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
root@KURO-BOX:/mnt/share/etc# vi hosts.allow

# /etc/hosts.allow: list of hosts that are allowed to access the system.
#                   See the manual pages hosts_access(5), hosts_options(5)
#                   and /usr/doc/netbase/portmapper.txt.gz
#
# Example:    ALL: LOCAL @some_netgroup
#             ALL: .foobar.edu EXCEPT terminalserver.foobar.edu
#
# If you're going to protect the portmapper use the name "portmap" for the
# daemon name. Remember that you can only use the keyword "ALL" and IP
# addresses (NOT host or domain names) for the portmapper. See portmap(8)
# and /usr/doc/portmap/portmapper.txt.gz for further information.
#
ALL : 192.168.11.0/255.255.255.0 ← 環境に合わせて変更
ALL : 127.0.0.1
ALL : ALL ← 追加(すべてのマシンからアクセス可能にする場合)

・interfaces

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
root@KURO-BOX:/mnt/share/etc# cd /mnt/share/etc/network
root@KURO-BOX:/mnt/share/etc/network# vi interfaces

# Used by ifup(8) and ifdown(8). See the interfaces(5) manpage or
# /usr/share/doc/ifupdown/examples for more information.
iface eth0 inet static
address 192.168.11.2     ← 玄箱HGのIPアドレス
network 192.168.11.0     ← 環境に合わせて変更
netmask 255.255.255.0    ← 環境に合わせて変更
broadcast 192.168.11.255 ← 環境に合わせて変更
gateway 192.168.11.1     ← 環境に合わせて変更

iface lo inet loopback

auto eth0 lo

7.Debian化キットの再アーカイブ

ネットワークの設定が完了したところで、再度アーカイブします。

1
2
3
4
5
6
7
root@KURO-BOX:/mnt/share/etc# cd /mnt/share
root@KURO-BOX:/mnt/share# tar cvzf /tmp/sarge_image.tgz .

・・・・ 途中省略 ・・・・

root@KURO-BOX:/mnt/share# cd
root@KURO-BOX:~#

8.Debian化キットのダウンロード

再アーカイブしたDebian化キットを玄箱HGからローカルにFTPダウンロードする。 (Windowsのエクスプローラでもコピー可能)

9.玄箱HGをEMモード化

1
root@KURO-BOX:~# echo -n 'NGNG' > /dev/fl3

10.リブート

1
root@KURO-BOX:~# reboot

11.玄箱HGへログイン

Telnet等で玄箱HGへログインする。 ( ユーザ/パスワード:[ root / kuroadmin ]) ※EMモードになっているので、上記で設定したIPアドレスとは異なります。 IPアドレスが検討がつかない場合は、 ファームウェアアップデータを起動してIPアドレスを確認するなどしてください。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
Kuroutoshikou KURO-BOX/HG (IESHIGE)
Linux/ppc 2.4.17_mvl21

KURO-BOX-EM login: root
Password:

BusyBox v0.60.5 (2003.07.30-12:03+0000) Built-in shell (ash)
Enter 'help' for a list of built-in commands.

#

12.パーティション作成

既存のパーティションを削除後、再作成します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
# cd /
# /sbin/mfdisk -e /dev/hda ← パーティション削除

delete partition 1
delete partition 2
delete partition 3
create partitions…
deleate all partitions.
The partition table has been altered!

Syncing disks.
# sh /sbin/mkfilesystem.sh ← パーティション作成

・・・・ 途中省略 ・・・・

This filesystem will be automatically checked every 25 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.
/dev/hda3 formart completed.
#

13.Debian化キットの転送

ローカルにコピーしていた再アーカイブ後のDebian化キット 「 sarge_image.tgz 」 を玄箱HGの[ /mnt2/share ]へFTP転送する。 また、 「 kernelimage-2.6.25.1-kuroHG.tgz 」 「 modules-2.6.25.1-kuroHG.tgz 」 も玄箱HGの[ /mnt2/share ]へFTP転送する。

14.アーカイブファイルの展開

再アーカイブ後のDebian化キットを展開する。

1
2
# cd /mnt
# tar zxvf /mnt2/share/sarge_image.tgz

15.EMモード解除

1
# echo -n 'OKOK' > /dev/fl3

16.リブート

1
# reboot

17.カーネルインストール

リブート後の玄箱HGへログイン[ tmp-kun / tmp-kun ]、 ルートユーザ[ root / root ]になり、 新しいカーネルをインストールする。

1
2
KURO-BOX:~# cd /boot
KURO-BOX:~# tar zxvf /mnt/share/kernelimage-2.6.25.1-kuroHG.tgz

18.リブート

1
KURO-BOX:~# reboot

19.カーネルモジュール展開

リブート後の玄箱HGへログイン[ tmp-kun / tmp-kun ]、 ルートユーザ[ root / root ]になり、 カーネルモジュールを展開する

1
2
3
4
5
KURO-BOX:~# cd /lib/modules
KURO-BOX:/lib/modules# tar zxvf /mnt/share/modules-2.6.25.1-kuroHG.tgz
KURO-BOX:/lib/modules# depmod -a
KURO-BOX:/lib/modules# cd
KURO-BOX:~#

20.パッケージ更新

「 sources.list 」を以下のように変更し、(私の例です)

1
2
3
4
5
6
KURO-BOX:~# vi /etc/apt/sources.list
deb http://archive.debian.org/debian-archive/debian/ sarge main contrib non-free
deb-src http://archive.debian.org/debian-archive/debian/ sarge main contrib non-free

deb http://archive.debian.org/debian-archive/debian-security/ sarge/updates main contrib non-free
deb-src http://archive.debian.org/debian-archive/debian-security/ sarge/updates main contrib non-free

パッケージをアップデート・アップグレードする。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
KURO-BOX:~# apt-get update
KURO-BOX:~# apt-get upgrade
・・・・ 途中省略 ・・・・
Do you want to continue? [Y/n] Y
・・・・ 途中省略 ・・・・
Select a number from 1 to 5, from the list above.
Enter value (default=1',x' to restart): 5 ← 「 exim 」の設定
・・・・ 途中省略 ・・・・
KURO-BOX:~#

※エラーが出るようなら、 あらゆるサイトを参考にしながら「 sources.list 」を変更してみる。

21.Debian化確認

一旦ログアウトし、再度Telnet接続してみる。 ネットワーク接続の設定のところで設定したIPアドレスでTelnet接続してみる。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
Debian GNU/Linux 3.1 KURO-BOX ← Debian3.1になっている
KURO-BOX login: tmp-kun     ← ログイン[ tmp-kun / tmp-kun ]もできた
Password:
Last login: Mon Dec 14 16:04:22 2009 from P183 on pts/0
Linux KURO-BOX 2.6.25.1-kuroboxHG #9 Sun May 4 21:29:57 JST 2008 ppc GNU/Linux

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
tmp-kun@KURO-BOX:~$

22.初期設定

とりあえず、以下のことだけはしておきました。 ・rootユーザのパスワード変更 ・新規一般ユーザの登録 ・既存ユーザ「 tmp-kun 」の削除


今回はここまで。

ではまた。

Comments