mk-mode BLOG

このブログは自作の自宅サーバに構築した Debian GNU/Linux で運用しています。
PC・サーバ構築等の話題を中心に公開しております。(クローンサイト: GitHub Pages

ブログ開設日2009-01-05
サーバ連続稼働時間
Reading...
Page View 合計
Reading...
今日
Reading...
昨日
Reading...

WindowsXPにWordPress(その2)!

[ サーバ構築, ブログ ] [ Windows, WordPress ]

こんばんは。

今夜は、 うちのFedoraサーバのWordPressをWindowsXPマシンで動かすため、データベースMySQLを移行してみました。 (自宅Fedoraサーバの予備用として稼動させるため)

※前提条件は、 ・WindowsXP(SP3)にWebサーバがApache2、MySQL、PHP5、WordPressがインストール済み。 ・さらに、サーバ側のWordPressのデータベースをプラグイン「 WP-DBManager 」にてバックアップしている。 (もしくは自分でダンプファイルを作成している) です。ご自分の環境と違う場合は若干異なることがあるかもしれません。

尚、サーバ側でデータベースバックアップ用にプラグインWP−DBManagerを導入しているので、Windowsマシン側でもプラグインWP−DBManagerを導入してデータベースの復元を試みてみましたが、なぜかうまく出来ませんでした。

導入記録

※※必ずしも、このやり方が正しいとは限りません。 ※※自分の備忘録です。あくまでも参考程度に!

1.テーマの整備

サーバと同じにするために、サーバに導入しているWordPressのテーマをWindowsマシンにも同じように導入する。 ※基本的にはサーバ側にフォルダをWindowsにコピーして、テーマを使うように設定すればよい。

2.プラグインの整備

サーバと同じにするために、サーバに導入しているWordPressのプラグインをWindowsマシンにも同じように導入する。 ※基本的にはサーバ側にフォルダをWindowsにコピーして、プラグインを使うように設定すればよい。 ※但し、ローカルで動かすだけなので、不要なものは導入しなくてもよい。

3.アップロードファイルの整備

サーバと同じにするために、サーバでアップロードした画像などのアップロードファイルをWindowsマシンにコピーする。 ※当方の場合、「 \wordpress\wp-content\uploads 」フォルダ配下のファイル。

4.ダンプファイルのコピー

サーバ側のダンプファイルをわかりやすい名前に変更して、わかりやすい場所にコピー。 ※うちの場合、ファイル名を「 wordpress.sql 」とし「 C:\mysql\bin 」フォルダに置きました。

5.ダンプファイルの内容確認・修正

そのままWindows側MySQLへリストアすると不具合が生じるので、以下のように修正。 ・サーバ側のダンプファイル内の 「 www.mk-mode.com 」(うちの場合) という文字列をローカル(Windows)側で動作するよう 「 127.0.0.1 」 と修正。(大量(数千)にあるのでテキストエディタで一括変換)

6.リストア実行

コマンドプロンプトにて以下のようにする。 (もちろんMySQLサービスを開始させてから)

1
2
3
4
C:\mysql\bin>mysql -u root -p --default-character-set=utf8 wordpress < wordpress.sql
Enter password: ***************

C:\mysql\bin>

「 –default-character-set=utf8 」がないと文字コードの関係でエラーになります。


これで、 「 http://127.0.0.1/wordpress/ 」にアクセスすればOKのはずです。

一応サーバ側と同じ画面・内容が表示され、各種動作も正常のようにみえました。

が、

ためしに、投稿テストしてみると、、、

投稿したデータが消えてしまう・・・

なぜだろう??

ちょっと調べてみます。

※多分文字セットの関係だと思いますが。。。

また、原因が判明したらご報告します。

では、また。

Comments